マンションの購入タイミングは販売会社の動向を観察して決めましょう。

マンション免震構造のメリットについて
マンション免震構造のメリットについて

いつ購入すべきという問題

同じマンションに住んでいても実はそのマンションを購入した時期は各居住者によって異なります。
どうしてこんなことが起こるのでしょうか。
なぜなら日本のマンションはよく販売期というものを幾つか設定し、色んな時期に同じマンションを少しずつ販売しているからです。
ですから完成前にモデルルームの完成予想図を見て契約した人もいれば「最終期」で残っている部屋を購入した人もいるでしょう。
このように購入できる時期が色々あると当然ながら「いつマンションを購入すべきなのか」という質問が頭をよぎりますね。
皆さんはどう思いますか。
まずはこのことを考える時点で販売会社の「売り方」を考えてみましょう。
もしマンションの販売会社が「短期」で完売を目指しているのであればきっと人気のある高層階を全て販売対象にしたり、第1期のその販売数に上限を設けていないことでしょう。
こんな時には私たちも変に状況を待たず、購入してしまった方が良いということができます。
なぜならこのような場合、好条件の部屋を次々と買われ、後で購入しようとしても希望の値段帯や条件の部屋を残っていない可能性が高いからです。
しかし販売会社が様子を見つつ、限定的に販売している様子が分かったら少し待つというオプションもでてきます。
待つことのメリットとはどういう点でしょうか。
販売期が長くなれば長くなるほど、建設会社も焦って販売価格の見直しを行うことが出てくるからです。
ですから最終期には特に部屋の値下げや色んなオプションを着けることに販売担当者が同意してくれる可能性があるということなのです。
こうなってくると第1期に正規の値段で部屋を購入した人がいればかなり損をした気持ちになりますね。
ぜひこんな点で販売会社の担当者さんと色々コンタクトを取ってみてください。
どれくらい実情を話してくれかは分かりませんが、きっと皆さんの「購入時期」を決める上でヒントになることを教えてくれるでしょう。

Copyright (C)2017マンション免震構造のメリットについて.All rights reserved.